過去のお知らせ

2017年6月30日(金)開催:東京大学東洋文化圏研究所・ASNET共催特別セミナー「メソポタミアの世界遺産の現状-最古の都市ウルクほか-」

東京大学東洋文化圏研究所・ASNET共催特別セミナー

■日時 2017年6月30日(金)17:45~19:30

■会場 東京大学東洋文化研究所3階 大会議室

■主催 東京大学東洋文化研究所・ASNET

■後援 在日イラク共和国大使館・中東懇話会・早稲田大学西アジア考古学勉強会

■題目 メソポタミアの世界遺産の現状-最古の都市ウルクほか-

■報告者 小泉龍人(東京大学東洋文化研究所・特任研究員)

■プログラム(変更の場合もあります)
17:45 開会挨拶
17:50 挨拶:ラハマーン・アルジョゼリー(在日イラク共和国大使館・臨時代理大使)
18:00 報告
18:50 休憩
19:00 コメント:岡田 總(中東懇話会・代表)
19:10 質疑応答
19:30 閉会挨拶

■趣旨
2016年に登録された南メソポタミアの世界遺産の現状と、外国調査隊の動向について最新情報を報告し、今後どのようにして邦人研究者が考古学調査等に貢献できるのかを問う。

■参加費・申込
参加無料(会場座席数約80)
事前申込不要

■HP
https://asnet-utokyo.jp/studies/seminar/2735

■問合せ先
ASNET事務局 asnet@asnet.u-tokyo.ac.jp


2017年6月28日(水)開催:ノートルダム清心女子大学「世界遺産パルミラ遺跡の発掘—シリア文化遺産の将来—」

「世界遺産パルミラ遺跡の発掘—シリア文化遺産の将来—」

講師:西藤清秀先生(奈良県立橿原考古学研究所 技術アドバイザー)
日時:2017年6月28日(水)14:45〜16:15
場所:第一会議室(ノートルダムホール中央棟8階)
   (アクセスマップ )
コーディネーター 紺谷亮一・現代社会学科教授

入場無料・事前申し込み不要

【内容】
シリア・パルミラ遺跡とは、シリアにあるローマ帝国支配時の都市遺跡です。シリアを代表する遺跡の一つで、2015年にISによって破壊されました。この都市遺跡を1990年〜2011年の20年間に渡り、発掘してきた西藤清秀氏をお招きし、パルミラ遺跡の発掘、その後の修復・復元の様子などを、現場で携わってきたから話せるシリアの文化遺産の現状を講演いただきます。また、現在シリア内線などによって、シリアの文化遺産は危機的状況にあります。文化遺産をどのように守り、そして、将来に残していくのかについて考えます。

【西藤清秀先生のご紹介】
奈良県立橿原考古学研究所副所長兼附属博物館館長、元日本西アジア考古学会会長を経て、現在同研究所技術アドバイザー、
奈良女子大学考古学学術研究センター特任教授、2016年日本イコモス賞受賞
西藤清秀氏は、シリア・パルミラ遺跡(オリエントを代表する古代隊商都市でゼノビア女王の時代に最盛期を迎えたが、ローマ帝国の怒りを買い、ローマ軍に滅ぼされた)を1990年〜2011年まで、20年間に渡り、発掘調査してきた。特に2世紀から3世紀の墓7基の発掘調査は世界的にも注目された。発掘後はシリア古物博物館総局との合意のもとに、地下墓の修復・復元を精力的に行い、現地の観光事業にも大きく貢献した。
2011年からのシリア内戦により多大の文化財が強奪・盗掘・破壊にさらされる状況下、西藤氏は日本西アジア考古学会長(任期:2013−2016年)として、世界に先駆けて、シリア文化財関係者のための「シリア考古学・文化遺産国際会議」”Inter national Syrian Congress on Archaeology and Cultural Heritage (ISCACH): Result of 2000 to 2011″をレバノンのベイルートで2016年12月3日〜6日まで開催した。

問い合わせ先
〒700-8516 岡山市北区伊福町2-16-9
ノートルダム清心女子大学文学部現代社会学科 横田・紺谷 086-252-2187


2017年5月31日(水)開催:国士舘大学アジア・日本研究センター「建築遺産保存における木構造と組積構造—日本と西アジア—」

「建築遺産保存における木構造と組積構造—日本と西アジア—」

【日 時】平成29年5月31日(水)14時〜16時

【場所】国士舘大学世田谷キャンパス中央図書館4階グループスタディ室E

*参加ご希望の方は、中央図書館1Fロビーに13:45に集合ください。

     係が会場へご案内致します。

    *最寄駅

     小田急線梅ヶ丘駅下車、徒歩9分

     東急世田谷線松陰神社前駅または世田谷駅下車、徒歩6分

     JR渋谷駅西口バスターミナル30番乗り場

     渋52「世田谷区民会館」バスで終点下車、徒歩1分

【主催・お問い合わせ先】

国士舘大学アジア・日本研究センター

TEL: 042-736-1070

Email: ajrc@kokushikan.ac.jp

【内容】

総合テーマ:「建築遺産保存における木構造と組積構造—日本と西アジア—」*日本語要約あり

「イラン建築の視点から」メヘルダードヘジャジ(イラン、イスファハン大学教授)

「トルコ建築の視点から」グルンアルン(トルコ、ヤディズ大学教授)

総合コメント:花里利一(三重大学教授)

モデレーター:岡田保良(国士舘大学教授)


2017年6月24日(土)開催:日本イコモス国内委員会研究会「シリア・パルミラの葬制研究・保存修復と危機に瀕する文化遺産の国際会議の組織化と実践」

日本イコモス国内委員会の研究会
研究会「シリア・パルミラの葬制研究・保存修復と危機に瀕する文化遺産の国際会議の組織化と実践」

発表者:西藤 清秀氏(日本イコモス賞受賞者)
日 時:2017年6月24日(土)16:00~18:00
場 所:岩波書店一ツ橋ビル 地下1階会議室(千代田区一ツ橋2-5-5)
申 込:入場無料(非会員500円)・事前申込制
参加ご希望の方は、氏名、所属、連絡先を 6月21日(水)までに
jpicomos@japan-icomos.org(日本イコモス国内委員会事務局)へお知らせください。

※日本イコモス国内委員会の非会員でも参加可能です。


2017年6月:国際文化財・文化研究センター 中期エジプト語講座 初級

国際文化財・文化研究センター 中期エジプト語講座 初級

関西大学国際文化財・文化研究センターでは以下のとおり全4回の中期エジプト語講座を開催します。
参加費は無料ですが、事前申し込みが必要です。多数の参加をお待ちしています。

日 程: 6月3日(土)・10日(土)・17日(土)・24日(土)時間10:00~17:30
場 所: 梅田キャンパス KANDAI Me RISE
対 象: 初めて古代エジプト語を学ぶ方、古代エジプト語に関心をお持ちの方
定 員: 20人
申込締切: 5月21日(日) ※定員に達し次第締め切ります。

申し込み等、詳細はチラシまたはホームページでご確認ください。
チラシ  http://www.kansai-u.ac.jp/chc/image/info/MiddleEg.seminar2017.pdf
ホームページ  http://www.kansai-u.ac.jp/mt/archives/2017/05/post_2725.html

問い合わせ先:
国際文化財・文化研究センター  TEL:06-6368-1456


2017 年6月17日(土)開催:石器技術研究会公開シンポジウム 「日本列島と西アジア」

公開シンポジウム
石器技術研究会「日本列島と西アジア」

日程:2017 年6月17日(土)13:00-16:30
会場:JPタワー学術文化総合ミュージアム インターメディアテク2階 ACADEMIA
www.intermediatheque.jp

趣旨:
 最古の石器が作られた二百数十万年前以来、あるいはそれ以前から現代にいたるまで、石器はヒトの技術、行動の進化を語りうる格好の考古学資料であり続けています。本シンポジウムでは、日本列島と西アジアの石器研究者が集い、ネアンデルタール人とホモ・サピエンスの交替があった旧石器時代から古代文明が開化した青銅器時代にいたるまで、石器研究が明かす人類史の諸相について議論します。

プログラム:
13:00 -13:10 趣旨説明

    第1部:日本列島

13:10-13:35 佐藤宏之(東京大)日本列島の中期 / 後期旧石器時代移行期
13:35-14:00 鈴木美保(東京大)下原・富士見町遺跡出土の「類上ゲ屋型彫器」
14:00-14:25 長井謙治(東北芸工大)石器製作と技能研究の展望 ルヴァロワと押圧細石刃核

14:25-14:45 休憩

    第2部:西アジア

14:45-15:10 門脇誠二(名古屋大)レヴァント地方上部旧石器時代初頭の石器技術
15:10-15:35 常木 晃(筑波大)新石器時代の石刃製作者の墓
15:35-16:00 西秋良宏(東京大)北メソポタミア青銅器時代の剥片剥離技術

16:00-16:30 総合討論*

*終了後17:00から懇親会をかねて大沼克彦国士舘大学名誉教授の古稀祝賀会をおこないます。
懇親会にご参加をご希望の場合、6月14日(水)までに下記のお問い合わせ先までお申し込みください。
会費は一般:6000円、学生:4000円になります。懇親会場はJPタワー内を予定しております。

お問い合わせ:
鈴木美保 東京大学総合研究博物館 comet35mst@jcom.zaq.ne.jp
久米正吾 東京芸術大学社会連携センター kume.shogo@pc.geidai.ac.jp


2017年4月27日開催:東京藝術大学社会連携センター:キックオフミーティング「アジア文化遺産の保護、記録、活用に向けた今後の課題」

平成29年度日本ユネスコ国内委員会政府開発援助ユネスコ活動費補助金プロジェクト・キックオフミーティング
「アジア文化遺産の保護、記録、活用に向けた今後の課題」

趣 旨:
 東京藝術大学社会連携センターユーラシア文化交流センタープロジェクトでは、京都大学井手研究室の協力を得て、平成29年度日本ユネスコ国内委員会政府開発援助ユネスコ活動費補助金に採択されました。このプロジェクトを開始するにあたって、これまで東京藝術大学が実施してきたアフガニスタン文化財の保存修復と若手修復専門家の人材育成、芸術家の感性とデジタル技術の融合がもたらす制作者の精神性と意図までをも再現するクローン文化財技術とそれを用いた文化財の維持継承・活用の新たな試み、あるいは京都大学が独自に開発した高精細スキャナーを用いた文化財のデジダルアーカイヴ化による半永久的な保存と文化財の製作技法・材料分析へのデジタル資料の応用など、これまで両大学が進めてきた先端的な文化財の維持継承に向けた取り組みをご紹介します。また、これまでの両大学の活動を振り返りつつ、アフガニスタン、ミャンマー、イランなどアジア各地の文化遺産の保護、記録、活用に向けた新たなアプローチを模索したいと思います。

日 時: 2017年4月27日(木)14:00~17:00(開場:13:30)
場 所: 東京藝術大学アーツ&サイエンスラボ4階球形ホール http://www.geidai.ac.jp/access/ueno

プログラム:
14:00~14:10 開会あいさつ
14:10~14:25「アフガニスタン、メス・アイナク遺跡映像報告」 井上隆史(東京藝術大学)
14:25~14:45「アフガニスタン、メス・アイナク遺跡出土塑像などの保存修復及び人材育成」 青木繁夫(東京藝術大学)
14:45~15:05「東京藝術大学によるクローン文化財制作」 三橋一弘(東京藝術大学)
15:05~15:15 休憩
15:15~15:45「デモンストレーション:先端イメージング技術と文化財」 奥村幸司(株式会社サビア)
15:45~16:05「ミャンマーの文化遺産保護のためのこれまでの取組みと課題」 赤坂輝実(京都大学)
16:05~16:15 休憩
16:15~16:35「イランにおける文化遺産保護のための今後の活動展開」 井手亜里(京都大学)
16:35~16:50 総合討論
16:50~17:00 閉会あいさつ

主 催:
平成29年度日本ユネスコ国内委員会政府開発援助ユネスコ活動費補助金プロジェクト「ユーラシア文化遺産を未来へ繋げる次世代人材の育成」(代表:宮廻正明)
共 催:
平成29年度国際交流基金アジアセンターアジア・文化創造協働助成プロジェクト「東京藝術大学シルクロード特別企画展」(代表:東京藝術大学シルクロード特別企画展実行委員会)
2016年度住友財団海外の文化財維持・修復事業助成プロジェクト「アフガニスタン「メス・アイナク」仏教遺跡出土塑像などの保存修復」(代表:宮廻正明)
平成27~29年度文化庁文化遺産国際拠点交流事業「ミャンマー連邦共和国の文化遺産保護に関する拠点交流事業」(代表:井手亜里)

お問い合わせ:
久米 正吾(くめ しょうご)
東京藝術大学社会連携センター(ユーラシア文化交流センタープロジェクト)
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8 電話: 050-5525-2029 Fax: 03-5685-7814
E-Mail: kume.shogo@pc.geidai.ac.jp


2017年4月22、23日開催研究会:エジプト・アコリス遺跡考古学調査団/名古屋大学文学研究科附属人類文化遺産テクスト学研究センター「古代エジプトにおける在地社会とネットワーク-アコリス考古学プロジェクト2017-」

このたび、エジプト・アコリス遺跡考古学調査団では、名古屋大学文学研究科附属人類文化遺産テクスト学研究センターと共催で、2017年4月22日(土)、23日(日)に『古代エジプトにおける在地社会とネットワーク-アコリス考古学プロジェクト2017-』と題した研究会を開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

■『古代エジプトにおける在地社会とネットワーク-アコリス考古学プロジェクト2017-』

■日時:2017年4月22日(土)、23日(日)
(1日目:22日(土)、13時~; 2日目:23日(日)、10時~13時頃)
■場所:名古屋大学東山キャンパス 文学部棟127号講義室
■主催:アコリス遺跡考古学調査団、名古屋大学文学研究科附属人類文化遺産テクスト学研究センター
■会場設営・配布資料等の準備のため、参加される方は事前にご連絡いただけると幸いですが、当日、直接会場にお越しいただいても構いません。参加費は無料です。

<<プログラム>>
■4月22日(土)(1日目)
13:00 開会の辞 周藤芳幸
13:10-13:40
「西洋古代史研究とネットワーク理論」竹尾美里
13:40-14:10
「アマルナ出土のミケーネ土器とネットワーク」平野みか
14:10-14:40
「前3世紀のファイユームにおける「村の書記」とそのネットワーク:アノシスの場合」菊地のどか
14:40-15:10
「プトレマイオス朝期エジプトの嘆願と紛争処理」石田真衣
【休憩15:10-15:30】
15:30-16:00
「アコリスの石切場調査と第一アナスタシ・パピルス」西本真一
16:00-16:30
「王朝時代の集落内埋葬について」和田浩一郎
16:30-17:00
「サンダルからクツへ:皮革製履物の形態変化と外国の影響」花坂哲
17:00-17:45  総合討論

■4月23日(日)(2日目)
10:00 開会
10:10-10:40
「南区の墓地構造」辻村純代
10:40-11:10
「南区遺構出土土器の検討」水戸部秀樹
11:10-11:40
「写真計測と3D変換」川崎幸一郎
11:40-12:30
「2016シーズン南区調査」川西宏幸

■4月22日(土)18:30より懇親会を開催いたします。
懇親会への参加希望者は、4月19日(水)までにご連絡ください。
(懇親会費は5000円です。詳細者は参加者に追ってご連絡いたします)
<問い合わせ先>
花坂哲(ハナサカテツ)
tetsuhanasaka@hotmail.com
TEL: 090-9100-1776


2017年4月22日開催:古代オリエント博物館講演会「エマル文書と捺印」

古代オリエント博物館講演会のお知らせ

『エマル文書と捺印』

 現在開催中のクローズアップ展「粘土板と印章―紀元前13世紀ユーフラテス川沿いのエマル市」 にちなんだ講演会です。
ユーフラテス川中流域にある古代エマルの遺跡から出土したとみられる50余点の粘土板文書 ー そのほとんどが前13世紀頃の契約書で、小さな楔形文字といっしょに様々なタイプの印章が捺されています。
 本講演会では、楔形文字の解読と印章の図柄や使われ方から明らかになった当時の印章事情や社会の実態を紹介します。

日時
2017年 4月 22日(土) 14:30~16:50 (途中20分の休憩があります)
事前申込不要。当日直接会場までお越しください。

場所
池袋サンシャインシティ ワールドインポートマート5階 コンファレンスルームRoom14

講師
14:30〜15:30 月本昭男(古代オリエント博物館館長・上智大学特任教授)
15:50〜16:50 石田恵子(古代オリエント博物館研究員)

参加費500円
(古代オリエント博物館友の会会員は会員証提示で無料)

詳しくは
http://aom-tokyo.com/event/170422.html

■クローズアップ展 「粘土板と印章―紀元前13世紀ユーフラテス川沿いのエマル市」
2017年 4月 1日(土)~ 5月 28日(日)
詳しくはこちら


2017年4月22日開催:ユーラシア考古学勉強会例会

ユーラシア考古学勉強会例会のお知らせ

2015年から関西在住の若手研究者・学生を中心に、広くユーラシア各地の考古学を学ぶ勉強会を開催してきました。活動の幅をさらに広げることを目的としまして、この4月から例会のご案内をさしあげることといたしました。

この4月の例会では、大手前大学史学研究所の魚津知克さんにミャンマーでの調査についてご発表いただきます。みなさま奮ってご参加くださいますようよろしくお願い申し上げます。

世話人:上杉彰紀・岩井俊平
お問い合わせ先:southasia.ua@gmail.com(上杉彰紀)

日時:2017年4月22日(土)16:00~18:00
場所:龍谷ミュージアム 101講義室
 (京都市下京区堀川通正面下る 西本願寺前 Tel. 075-351-2592)
発表者・論題:
魚津知克さん(大手前大学史学研究所)「(仮題)ミャンマー考古学 最近の調査研究見聞録」


2017年4/21, 5/19, 6/9, 7/13開催ミニ講座:国士舘大学イラク古代文化研究所「メソポタミア文明を学ぼう!—調査員が語るイラクでの発掘成果—」(全4回)

イラク古代文化研究所創設40 周年を記念して開催される企画展「メソポタミア文明を探る−イラク古代文化研究所の発掘成果(1)−」にちなんだミニ講座です。

ミニ講座「メソポタミア文明を学ぼう!—調査員が語るイラクでの発掘成果—」(全4回)
会 場:地域交流文化センター1F 講義室 3AB
参加費:無料
*事前申込不要 各先着20 名
【第1回】2017年4月21日(金) 14:00−15:30
     「メソポタミア文明の曙- 新石器時代( テル・ソンゴル遺跡を中心として)-」
     松本 健 ( 国士舘大学イラク古代文化研究所 教授)
【第2回】2017年5月19日(金) 14:00−15:30
     「人類最古の文明の誕生- 初期王朝時代
       (テル・グッバ遺跡とキシュ遺跡を中心として)-」
     松本 健(国士舘大学イラク古代文化研究所 教授)
【第3回】2017年6月9日(金) 14:40−16:10
     「メソポタミアの建築」
     岡田保良 (国士舘大学イラク古代文化研究所 所長)
【第4回】 2017年7月13日(木) 14:00−15:30
     「バビロンの王ハンムラビの治世とその領土
       −ユーフラテス川中流域、オウシーヤ遺跡からの考察−」
     小口和美(国士舘大学イラク古代文化研究所 教授)

企画展名:メソポタミア文明を探る−イラク古代文化研究所の発掘成果(1)−
会  期:2017年4月10日(月)〜7月28日(金)午前10時 〜 午後4時
入場無料

詳しくはこちらをご覧下さい。


2017年4月10日〜7月28日展示:国士舘大学イラク古代文化研究所「メソポタミア文明を探る−イラク古代文化研究所の発掘成果(1)−」

イラク古代文化研究所創設40 周年を記念しまして、「メソポタミア文明を探る−イラク古代文化研究所の発掘成果(1)−」を開催致します。
 今回の展示では、イラク・ディヤラ川中流域のハムリン遺跡群、ユーフラテス河中流域のハディーサ遺跡群、バビロンの東に位置するメソポタミアの古代都市キシュ遺跡を皆様に紹介いたします。実際にこれらの遺跡から出土した土器片や建築材をはじめとし、楕円形のプランをもつテル・グッバ遺跡(ハムリン遺跡群)の50 分の1 の精巧な模型を御覧いただけます。
 また、特別イベントとしてミニ講座(全4回)も企画しておりますので、ご興味がございましたら是非とも足をお運びください。皆さまのご来訪心よりお待ち申し上げております。

企画展名:メソポタミア文明を探る−イラク古代文化研究所の発掘成果(1)−
会  期:2017年4月10日(月)〜7月28日(金)午前10時 〜 午後4時
入場無料
会  場:国士舘大学イラク古代文化研究所展示室
      〒154-0022 世田谷区梅丘2-8-17 国士舘大学地域交流文化センター2階
閉  室:土・日・祝日
      ※ただし、5/21(日)、6/11(日)、7/16(日)はオープン致します。
主  催:国士舘大学イラク古代文化研究所・「国士舘大学文化遺産研究プロジェクト」
お問い合わせ:国士舘大学イラク古代文化研究所 展示室
        Tel 03-5451-1926   Fax 03-5451-1927

ミニ講座「メソポタミア文明を学ぼう!—調査員が語るイラクでの発掘成果—」(全4回)
会 場:地域交流文化センター1F 講義室 3AB
参加費:無料
*事前申込不要 各先着20 名
【第1回】2017年4月21日(金) 14:00−15:30
     「メソポタミア文明の曙- 新石器時代( テル・ソンゴル遺跡を中心として)-」
     松本 健 ( 国士舘大学イラク古代文化研究所 教授)
【第2回】2017年5月19日(金) 14:00−15:30
     「人類最古の文明の誕生- 初期王朝時代
       (テル・グッバ遺跡とキシュ遺跡を中心として)-」
     松本 健(国士舘大学イラク古代文化研究所 教授)
【第3回】2017年6月9日(金) 14:40−16:10
     「メソポタミアの建築」
     岡田保良 (国士舘大学イラク古代文化研究所 所長)
【第4回】 2017年7月13日(木) 14:00−15:30
     「バビロンの王ハンムラビの治世とその領土
       −ユーフラテス川中流域、オウシーヤ遺跡からの考察−」
     小口和美(国士舘大学イラク古代文化研究所 教授)