学会主催講演会

2019年12月14日(土)開催:第2回「パイオニア・セミナー:西アジア考古学を切り開いてきた開拓者たち」

日本西アジア考古学会は、昨年度から、西アジア、エジプトおよびその周辺の各地で考古学研究を切り開いてきた第1世代の研究者による講演会「パイオニア・セミナー:西アジア考古学を切り開いてきた開拓者たち」を開催しています。

日本人による本格的な西アジア考古学研究は、1956年の江上波夫先生率いた東京大学イラク・イラン遺跡調査団に始まりました。60年を経た今、13を超える国々で25を超える日本の調査団が活動を行い、日本人による西アジア考古学調査は、かつてないほどの盛り上がりを見せています。しかし、その陰には、各地でフィールドを切り開いてきた先人達・開拓者達の多大なるご苦労、ご努力があったと思われます。

第2回目の今回は、日本のエジプト考古学の先駆者であり、長年、エジプト考古学研究を牽引する吉村作治先生(東日本国際大学・学長)を講師にお招きし、研究の諸成果また今までのご自身の研究の歩みに関して、お話しいただきます。

PDF

日程:2019年12月14日(土)13:00~14:00
会場:池袋サンシャインシティ文化会館会議室(部屋番号等は参加者への連絡に明記します)。

主催:日本西アジア考古学会、古代オリエント博物館

講師:吉村作治(東日本国際大学・学長)

題名:「エジプト発掘50年」

参加費:無料

 

事前申込み制:定員150名(先着順。定員になり次第申込みを締め切ります)。

申込み期限:2019年12月10日(火)

申込方法:メールでお申し込みください。メールの無い方はFAXでも構いません。

※電話での受付はしていません。

件名に「パイオニアセミナー参加申込」と明記し、以下の(1)(2)、会員の方は(3)をご記入の上、下記申込み先にお申し込みください。

(1)氏名(ふりがな)

(2)連絡先のメールアドレス(FAXの方はFAX番号。折返しのFAX番号をお持ちでない方は住所をお書きください。)

※講演会申込受付をお知らせするものです。受講可能の方には部屋番号をお知らせしますので、アドレス、番号はお間違いのないようにお願いいたします。

(3)日本西アジア考古学会の会員、または古代オリエント博物館の会員の方はお知らせください。

※会員でない方も参加できます。お誘いのうえ、お申し込みください。

※当日の参加者は古代オリエント博物館の入館料が半額になります。

 

申込先およびお問い合わせ先:日本西アジア考古学会  

メール:office@jswaa.org  FAX: 029-853-4432