関連する研究会等

2017年4月27日開催:東京藝術大学社会連携センター:キックオフミーティング「アジア文化遺産の保護、記録、活用に向けた今後の課題」

平成29年度日本ユネスコ国内委員会政府開発援助ユネスコ活動費補助金プロジェクト・キックオフミーティング
「アジア文化遺産の保護、記録、活用に向けた今後の課題」

趣 旨:
 東京藝術大学社会連携センターユーラシア文化交流センタープロジェクトでは、京都大学井手研究室の協力を得て、平成29年度日本ユネスコ国内委員会政府開発援助ユネスコ活動費補助金に採択されました。このプロジェクトを開始するにあたって、これまで東京藝術大学が実施してきたアフガニスタン文化財の保存修復と若手修復専門家の人材育成、芸術家の感性とデジタル技術の融合がもたらす制作者の精神性と意図までをも再現するクローン文化財技術とそれを用いた文化財の維持継承・活用の新たな試み、あるいは京都大学が独自に開発した高精細スキャナーを用いた文化財のデジダルアーカイヴ化による半永久的な保存と文化財の製作技法・材料分析へのデジタル資料の応用など、これまで両大学が進めてきた先端的な文化財の維持継承に向けた取り組みをご紹介します。また、これまでの両大学の活動を振り返りつつ、アフガニスタン、ミャンマー、イランなどアジア各地の文化遺産の保護、記録、活用に向けた新たなアプローチを模索したいと思います。

日 時: 2017年4月27日(木)14:00~17:00(開場:13:30)
場 所: 東京藝術大学アーツ&サイエンスラボ4階球形ホール http://www.geidai.ac.jp/access/ueno

プログラム:
14:00~14:10 開会あいさつ
14:10~14:25「アフガニスタン、メス・アイナク遺跡映像報告」 井上隆史(東京藝術大学)
14:25~14:45「アフガニスタン、メス・アイナク遺跡出土塑像などの保存修復及び人材育成」 青木繁夫(東京藝術大学)
14:45~15:05「東京藝術大学によるクローン文化財制作」 三橋一弘(東京藝術大学)
15:05~15:15 休憩
15:15~15:45「デモンストレーション:先端イメージング技術と文化財」 奥村幸司(株式会社サビア)
15:45~16:05「ミャンマーの文化遺産保護のためのこれまでの取組みと課題」 赤坂輝実(京都大学)
16:05~16:15 休憩
16:15~16:35「イランにおける文化遺産保護のための今後の活動展開」 井手亜里(京都大学)
16:35~16:50 総合討論
16:50~17:00 閉会あいさつ

主 催:
平成29年度日本ユネスコ国内委員会政府開発援助ユネスコ活動費補助金プロジェクト「ユーラシア文化遺産を未来へ繋げる次世代人材の育成」(代表:宮廻正明)
共 催:
平成29年度国際交流基金アジアセンターアジア・文化創造協働助成プロジェクト「東京藝術大学シルクロード特別企画展」(代表:東京藝術大学シルクロード特別企画展実行委員会)
2016年度住友財団海外の文化財維持・修復事業助成プロジェクト「アフガニスタン「メス・アイナク」仏教遺跡出土塑像などの保存修復」(代表:宮廻正明)
平成27~29年度文化庁文化遺産国際拠点交流事業「ミャンマー連邦共和国の文化遺産保護に関する拠点交流事業」(代表:井手亜里)

お問い合わせ:
久米 正吾(くめ しょうご)
東京藝術大学社会連携センター(ユーラシア文化交流センタープロジェクト)
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8 電話: 050-5525-2029 Fax: 03-5685-7814
E-Mail: kume.shogo@pc.geidai.ac.jp


2017年4/21, 5/19, 6/9, 7/13開催ミニ講座:国士舘大学イラク古代文化研究所「メソポタミア文明を学ぼう!—調査員が語るイラクでの発掘成果—」(全4回)

イラク古代文化研究所創設40 周年を記念して開催される企画展「メソポタミア文明を探る−イラク古代文化研究所の発掘成果(1)−」にちなんだミニ講座です。

ミニ講座「メソポタミア文明を学ぼう!—調査員が語るイラクでの発掘成果—」(全4回)
会 場:地域交流文化センター1F 講義室 3AB
参加費:無料
*事前申込不要 各先着20 名
【第1回】2017年4月21日(金) 14:00−15:30
     「メソポタミア文明の曙- 新石器時代( テル・ソンゴル遺跡を中心として)-」
     松本 健 ( 国士舘大学イラク古代文化研究所 教授)
【第2回】2017年5月19日(金) 14:00−15:30
     「人類最古の文明の誕生- 初期王朝時代
       (テル・グッバ遺跡とキシュ遺跡を中心として)-」
     松本 健(国士舘大学イラク古代文化研究所 教授)
【第3回】2017年6月9日(金) 14:40−16:10
     「メソポタミアの建築」
     岡田保良 (国士舘大学イラク古代文化研究所 所長)
【第4回】 2017年7月13日(木) 14:00−15:30
     「バビロンの王ハンムラビの治世とその領土
       −ユーフラテス川中流域、オウシーヤ遺跡からの考察−」
     小口和美(国士舘大学イラク古代文化研究所 教授)

企画展名:メソポタミア文明を探る−イラク古代文化研究所の発掘成果(1)−
会  期:2017年4月10日(月)〜7月28日(金)午前10時 〜 午後4時
入場無料

詳しくはこちらをご覧下さい。


2017年4月10日〜7月28日展示:国士舘大学イラク古代文化研究所「メソポタミア文明を探る−イラク古代文化研究所の発掘成果(1)−」

イラク古代文化研究所創設40 周年を記念しまして、「メソポタミア文明を探る−イラク古代文化研究所の発掘成果(1)−」を開催致します。
 今回の展示では、イラク・ディヤラ川中流域のハムリン遺跡群、ユーフラテス河中流域のハディーサ遺跡群、バビロンの東に位置するメソポタミアの古代都市キシュ遺跡を皆様に紹介いたします。実際にこれらの遺跡から出土した土器片や建築材をはじめとし、楕円形のプランをもつテル・グッバ遺跡(ハムリン遺跡群)の50 分の1 の精巧な模型を御覧いただけます。
 また、特別イベントとしてミニ講座(全4回)も企画しておりますので、ご興味がございましたら是非とも足をお運びください。皆さまのご来訪心よりお待ち申し上げております。

企画展名:メソポタミア文明を探る−イラク古代文化研究所の発掘成果(1)−
会  期:2017年4月10日(月)〜7月28日(金)午前10時 〜 午後4時
入場無料
会  場:国士舘大学イラク古代文化研究所展示室
      〒154-0022 世田谷区梅丘2-8-17 国士舘大学地域交流文化センター2階
閉  室:土・日・祝日
      ※ただし、5/21(日)、6/11(日)、7/16(日)はオープン致します。
主  催:国士舘大学イラク古代文化研究所・「国士舘大学文化遺産研究プロジェクト」
お問い合わせ:国士舘大学イラク古代文化研究所 展示室
        Tel 03-5451-1926   Fax 03-5451-1927

ミニ講座「メソポタミア文明を学ぼう!—調査員が語るイラクでの発掘成果—」(全4回)
会 場:地域交流文化センター1F 講義室 3AB
参加費:無料
*事前申込不要 各先着20 名
【第1回】2017年4月21日(金) 14:00−15:30
     「メソポタミア文明の曙- 新石器時代( テル・ソンゴル遺跡を中心として)-」
     松本 健 ( 国士舘大学イラク古代文化研究所 教授)
【第2回】2017年5月19日(金) 14:00−15:30
     「人類最古の文明の誕生- 初期王朝時代
       (テル・グッバ遺跡とキシュ遺跡を中心として)-」
     松本 健(国士舘大学イラク古代文化研究所 教授)
【第3回】2017年6月9日(金) 14:40−16:10
     「メソポタミアの建築」
     岡田保良 (国士舘大学イラク古代文化研究所 所長)
【第4回】 2017年7月13日(木) 14:00−15:30
     「バビロンの王ハンムラビの治世とその領土
       −ユーフラテス川中流域、オウシーヤ遺跡からの考察−」
     小口和美(国士舘大学イラク古代文化研究所 教授)