学会主催講演会

2021年3月6日(土)開催:パイオニアセミナー

パイオニアセミナーを2021年3月6日(土)に開催予定です。

【パイオニア・セミナー】
日本西アジア考古学会は、2018年から、西アジアとその周辺各地で考古学研究を切り開いてきた第1世代の研究者による講演会「パイオニア・セミナー:西アジア考古学を切り開いてきた開拓者たち」を開催しています。
日本人による本格的な西アジア考古学研究は、1956年の江上波夫先生率いた東京大学イラク・イラン遺跡調査団に始まりました。60年を経た今、13を超える国々で25を超える日本の調査団が活動を行い、日本人による西アジア考古学調査は、かつてないほどの盛り上がりを見せています。しかし、その陰には、各地でフィールドを切り開いてきた先人達・開拓者達の多大なるご苦労、ご努力があったと思われます。
第3回目の今回は、日本のヒッタイト研究の先駆者であり、長年、カマン・カレホユック遺跡で発掘調査を実施してきた大村幸弘先生(アナトリア考古学研究所所長)を講師にお招きし、研究の諸成果また今までのご自身の研究の歩みに関して、お話しいただきます。

【講座概要】
■開催日時:2021年3月6日(土)13:30~15:00
■参加方法:Zoomライブ配信
■講師・演題
*大村幸弘(アナトリア考古学研究所所長)『トルコで一万年の歴史を掘るーアナトリア考古学研究所の活動ー』
■参加費:無料
■定 員:500名
■申込開始:2021年2月1日(月) 正午12:00  (※この時間になるまでは、申込みはできません。)
■申込締切:2021年3月5日(金) 正午12:00 (講座前日の正午まで)
※申し込みについての詳細はしばらくお待ちください。