その他の研究会等

2017年4月10日〜7月28日展示:国士舘大学イラク古代文化研究所「メソポタミア文明を探る−イラク古代文化研究所の発掘成果(1)−」

イラク古代文化研究所創設40 周年を記念しまして、「メソポタミア文明を探る−イラク古代文化研究所の発掘成果(1)−」を開催致します。
 今回の展示では、イラク・ディヤラ川中流域のハムリン遺跡群、ユーフラテス河中流域のハディーサ遺跡群、バビロンの東に位置するメソポタミアの古代都市キシュ遺跡を皆様に紹介いたします。実際にこれらの遺跡から出土した土器片や建築材をはじめとし、楕円形のプランをもつテル・グッバ遺跡(ハムリン遺跡群)の50 分の1 の精巧な模型を御覧いただけます。
 また、特別イベントとしてミニ講座(全4回)も企画しておりますので、ご興味がございましたら是非とも足をお運びください。皆さまのご来訪心よりお待ち申し上げております。

企画展名:メソポタミア文明を探る−イラク古代文化研究所の発掘成果(1)−
会  期:2017年4月10日(月)〜7月28日(金)午前10時 〜 午後4時
入場無料
会  場:国士舘大学イラク古代文化研究所展示室
      〒154-0022 世田谷区梅丘2-8-17 国士舘大学地域交流文化センター2階
閉  室:土・日・祝日
      ※ただし、5/21(日)、6/11(日)、7/16(日)はオープン致します。
主  催:国士舘大学イラク古代文化研究所・「国士舘大学文化遺産研究プロジェクト」
お問い合わせ:国士舘大学イラク古代文化研究所 展示室
        Tel 03-5451-1926   Fax 03-5451-1927

ミニ講座「メソポタミア文明を学ぼう!—調査員が語るイラクでの発掘成果—」(全4回)
会 場:地域交流文化センター1F 講義室 3AB
参加費:無料
*事前申込不要 各先着20 名
【第1回】2017年4月21日(金) 14:00−15:30
     「メソポタミア文明の曙- 新石器時代( テル・ソンゴル遺跡を中心として)-」
     松本 健 ( 国士舘大学イラク古代文化研究所 教授)
【第2回】2017年5月19日(金) 14:00−15:30
     「人類最古の文明の誕生- 初期王朝時代
       (テル・グッバ遺跡とキシュ遺跡を中心として)-」
     松本 健(国士舘大学イラク古代文化研究所 教授)
【第3回】2017年6月9日(金) 14:40−16:10
     「メソポタミアの建築」
     岡田保良 (国士舘大学イラク古代文化研究所 所長)
【第4回】 2017年7月13日(木) 14:00−15:30
     「バビロンの王ハンムラビの治世とその領土
       −ユーフラテス川中流域、オウシーヤ遺跡からの考察−」
     小口和美(国士舘大学イラク古代文化研究所 教授)